私のオススメは…イライラの感情には漢方薬を甘いもの!

イライラの感情には漢方薬を甘いもの!

PMS持ちであるということもあって、生理前にはもう必ずといっていい程に怒りっぽくなってしまいますね。だいたい生理が始まる2週間前頃には、些細なことでイライラしてしまうようになっています。

 

そのうえ、身体がむくんだり体温が37度以上にまで上がったりと、ご多分にもれずPMSの症状はしっかりと出てきてしまいますので、体調不良も手伝って、余計にイライラギスギスしてしまうのですよね…。ものすごく反省はしています。

 

まあ普段から怒りっぽいと言えば怒りっぽいのですが、けれども生理の2週間前のイライラはまるで獣のごとくですよね。とは言えまあ、私も社会人女性ですから、仕事においてはあまりイライラしないようにはしています。

 

そりゃあ徹夜明けの状態で後輩がアホみたいなミスをやらかしてくれましたら、思わず「はあ〜!」と、言ってしまいそうにもなりますが、しかしそのような感情をぶつけたくなったら、私の場合は漢方薬か甘いものですね。とりあえず、このどちらかを口に放り込むことによって、幾分気持ちを和らげることができています。

 

まあ、どちらも思い込みの効果こと、プラシーボ効果的なところが大きいのかも知れませんが、けれどもイライラの感情になんらかのアクションを起こすことによって、大分気持ちが緩和されていることは感じますね。

 

ちなみに漢方薬はPMSの症状を緩和してもらうために、産婦人科より処方してもらっている漢方薬です。けれどもまあ低ピルよりも負担も効き目もやわらかいものですから、やはり気休め的なところは大きいかも知れませんね。

 

しかしこの苦い漢方薬を飲むことによって、「薬飲んだから大丈夫!」といった気持ちの上での効果がうまれますね。また、甘いものを摂取することによって、「はい、脳に栄養送ったよ、リラックス〜」というこちらも思い込みのリラックス効果をもたらしていると思います。
生理前6
とにかくイライラの感情に対して、ただ気持ちを鎮めにかかるだけではなくって、なんらかのアクションを起こすことによって大分気持ちが落ち着きますので。気にせず幸せ〜!美味しい物を沢山食べる